不登校からの高校受験

青木先生の描く女の子はかわいくて好き。でもこの漫画は、そういう要素は薄め。中学で不登校になった娘さんが、高校受験して合格するまでのコミックエッセイ。

転校する以外の選択肢もあるっていうことを提示してくれる。

学校の対応が、、、ひどいなあと思う。小学校は、もうちょっときめ細やかかなぁ。それでも、自分の子どもが「規格内」だからそう思うのかも。ちょっとはみだしちゃったりすると、受け皿になるシステムがなさすぎるんだな。

いじめられた子のほうが、転校したり、制服買い直したり、通学費や時間をかけなくちゃいけなかったり、保健室登校を余儀なくされるのは納得いかない、と書いてありましたが、本当にそうだな~。

いろいろ考えちゃった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA